FC2ブログ
ハマフエフキ?
2017 / 07 / 26 ( Wed )
仕事での取引先の投げ釣り師のN氏に誘われハマフエフキ狙いで投げ釣りに行ってきた。
N氏は最近ではほとんどないが、以前は沖の島や柏島にハマフエフキを狙いによく通っていたようだ。
何年か前にハマフエフキを釣ったことがないので興味があると話していたら、ちょうどお互いに予定が合ったためよかったら一緒に行ってみないかという話になったのだ。

ハマフエフキはもちろんだが、投げ釣り師との釣りは初めてだったため、仕掛けや道具などにも大変興味があり、いい機会だった。
今回は手軽に行ける高知の佐賀港で狙ってみた。

15時過ぎに港に到着すると、早速準備に取り掛かる。
見るからに浅く、こんな場所に大きなハマフエフキが入ってくるのかという印象だった。

20170717-1.jpg
20170717-2.jpg
日が暮れるまで時間があるので、本虫でも投げて見ると、さっそくアタリがあった。
小さなマハタとハマフエフキのような魚が釣れた。
N氏に聞くと一応ハマフエフキらしいので、小さすぎるが本命が釣れてしまった。

日が暮れだすころに、餌をベイカに変更して専用の太仕掛けで本格的に狙う。
自分は7号道糸に力糸+20号ハリスだったが、N氏は道糸から24号と意味不明なタックルだった。
こんなヘビータックルでも、掛けてからドラグを出させない釣りだと道糸から切られることがあるらしく、魚をかけたことがない自分には全くイメージがわかない。

日が暮れてからモゾモゾするアタリはあるが、ほとんどがクロアナゴの仕業のようだ。
21時を過ぎて、N氏に大きなアタリがありエイがHIT。
24時頃再度、N氏にアタリがあり、50cm程度のヘダイがHIT。

結局大きなアタリはこれだけで本命は姿をみせなかった。
魚は釣れなかったが、N氏に根がかりに効果的な天秤と太いハリスでもズレにくい針の結び方を教えてもらった。
どれもなるほどと思えるものでいい勉強になった。

また機会があれば狙ってみたい。

スポンサーサイト
00 : 52 : 13 | 投げ釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<miniエギ | ホーム | エギ3サイズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://breezeveniceca.blog94.fc2.com/tb.php/259-bee5de88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |