FC2ブログ
シリコン型の改良
2018 / 03 / 24 ( Sat )
シンカー作りには意外とコツがいるような気がする。

一つが凝固収縮で、凝固する際に体積が収縮してしまうため、型の形状によりシンカーにくぼみができてしまう。

20180324-3.jpg
前回作ったシンカーは、中央がくぼんでいる。 湯口の大きさが十分でなかったため、シンカーよりも先に湯口の途中が温度低下で固まってしまい、シンカー部が凝固する際に鉛が補充されずに、一番最後に凝固した部分にくぼみができてしまう。 たぶん。

20180324-2.jpg
これはシリコン型の湯口を広げると改良できる。 カッターや彫刻刀でシリコンを削る。

20180324-1.jpg
早速、手を加えたシリコン型でシンカーを作ってみる。

20180324-4.jpg
くぼみはほとんどわからない程度に改善された。

シリコン型の形状以外にも、鉛の温度にも注意する必要がある。温度が低すぎると鉛が型の隅々にまで行きわたらないことがある。複雑な形状だと余計に難しくなるのだと思う。
スポンサーサイト
18 : 29 : 52 | ハンドメイド | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ワラビ&ゼンマイ | ホーム | シンカー作り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://breezeveniceca.blog94.fc2.com/tb.php/273-4e4827cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |